第123回東京胃会のご案内

 

平成30年8月吉日

会員様各位

 

謹啓

  晩夏の候、会員様に於かれましてはますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、このたび東京胃会を下記要領にて開催致します。ご多忙とは存じますが、宜しくご参加賜りますようお願い申し上げます。

謹白

 

 

日  時:平成30年09月21日  (金)

開始18時30分 ~ 20時45分

場  所:(公財)連合会館 2階 大会議室

千代田区神田駿河台3-2-11

TEL03-3253-1771

http://www.rengokaikan.jp/

 

交通機関

●地下鉄丸の内線       淡路町駅

●地下鉄千代田線   新御茶ノ水駅

●都営地下鉄新宿線      小川町駅

丸の内線と都営新宿線をご利用の方は

千代田線方面へ

※ いずれもB3出口より徒歩0分

●JR中央・総武線 御茶の水駅

(聖橋出口徒歩5分)

 

会場整理費:1,000円

 

プログラム 

18:30~19:30 

レクチャー『技師による良悪性診断』
~陥凹型胃癌の診断のための撮影手技と読影のポイント~
演者:佐藤 清二 技師

( 東京都予防医学協会 )
※今年度の東京胃会では、レクチャーと症例検討会ともにメモの取れるレジュメを毎回配布致します。

 

19:40~20:45

症例検討会
司  会:馬場 保昌 先生

進興会オーバルコート健診クリニック  )
症例提示:中條 直人 技師

TMGあさか医療センター ※旧名 朝霞中央総合病院

※一般の参加者様からの読影指名は致しませんのでお気軽にご参加下さい。
読影チャレンジをしたい方は随時募集中です。世話人・伏見製薬㈱の者へご相談して下さい。

 

※ 日本消化器がん検診学会認定 胃がん検診専門技師更新単位 参加者:2単位(年度1回)